畜産農家の皆様へ

畜産農場の飼養衛生管理を向上するために、農場HACCP認証を取得しませんか?
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

農場HACCP認証への取り組みの第1歩として、農場HACCP推進農場の指定を受けてみませんか?
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

農場HACCP認証農場で生産された、畜産製品への農場HACCPマークの貼付が開始になりました。
ご希望の方は下記の要領で申請下さい。

  1. 一般的衛生管理プログラムとHACCP計画により健康な家畜及び安全な畜産物の確保が効率的に行われます。生産に関わるすべての危害要因を分析し必須管理点を決めて管理を集中させることにより衛生管理システムが簡素化されます。
  2. 継続的に改善を行う仕組みにより健康な家畜及び安全な畜産物が確保され生産性が向上します。危害要因の分析・予防策の策定、結果に対する評価・改善・更新へと連続的に進める取組みによる衛生水準の連続的な改善が行われるシステムです。

  1. その農場にあった教育プログラムの実施により、農場内の従事者の衛生管理の認識が高まり事業運営の円滑化も図られます。
  2. 各記録により外部からのいろいろなクレームに対しての原因追求や供給先に対しての信頼性の向上等についても有効に機能します。
  3. 家族で経営する小規模農場でも外部のHACCP専門家・獣医師あるいは家畜保健衛生所等の関係機関・団体等の協力を得て認証基準を満たす衛生管理システムを構築することができます。

認証農場は、農場の看板やホームページなどに農場HACCP認証マークを表示することができます。

また、平成30年7月から、必要な手続きをすれば、農場HACCPに取り組んで生産された畜産物であることを示す認証マークを畜産物にも貼付できるようになり、小売店等で認証農場の畜産物であることがわかるようになりました。

お問合せ:公益社団法人 中央畜産会衛生指導部(農場HACCP認証協議会事務局)

担 当:山本・木島・毛利
TEL:03-6206-0832
FAX:03-3256-9311